コロナウイルス

コロナウイルス

波乗り株トレード、だいぶ前にやっていてその後放置。

仮想通貨だけホールドしていますが、ビットコインは半減期がくるので、まだ売らない予定です。

波乗り株トレードでは最終的に上手く行きませんでしたが、ビットコインはだいぶプラスになっています。

さて、2020年はリーマンショック級の何かが起きるとか経済界ではまことしやかに囁かれていましたが。

もしかしたらこのコロナウイルスによるものかもしれないなぁと思ってきた次第です。

コロナウイルスによって与えられる経済的ダメージって思っている以上に大きいのではないか?

って思ってきちゃったんですよね。

だって、あんまりテレビでは放映されていないけど。

武漢だけじゃなくて中国のいろんな都市で感染者が出てきて外出禁止になっている現状だし。

YouTubeで中国から動画をアップしている人の情報の方が正しいって感じです。

日本のテレビよりも。

まだ中国からの入国がある状況も状況だし。

東京では感染者が満員電車で通勤してたわけだし。

新幹線でも咳してるのにマスクしてない人いっぱいいたし。

咳がひどいのにマスクしていないことに怒って喧嘩が電車の中で起きることも結構増えていると思う。

株価もマスク銘柄は上がったりしたけど、これから上がる銘柄に仕込んでる人もたくさんいるだろうな。

製薬会社とか、乳酸菌飲料の明治とか。




R1の乳酸菌ドリンクやヨーグルトも売れてるみたい。

サプリメントとかも乳酸菌系は売れるだろうな。

あと納豆とか、酵素とかマヌカハニーとか。

山田養鶏場とかのプロポリスとかも売れそう。

それにしてもこういう時転売やーって行動力すごいなぁって思う。

しかし、人命に関わるものを独占したりコントロールしてまで自分のお金を稼ぐ人は、そのお金を失うのも早いと思うわ。


posted by デイトレーダー奈美恵 at 01:26 | Comment(0) | 私ごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信者になってはいけない

信者になってはいけない

仮想通貨でも株でもFXでもそうですが。

有料会員とか塾に入ってその塾の主催者を崇めるように信じる人がいますが。


信者になってはいけないと個人的に思います。

もちろん、自分にない思考とか考え方をそういう人から学ぶのはいいのですが。

盲信する人が結構多くてびっくりします。

常に、この人が言っていることは、本当なのだろうか?

客のためにいいように行っているだけで、実際どうなのだろうか?


といった疑いは多少持ち続けることが大事であると個人的には思ってます。

全てにおいて万能は人はいないし。

某稼ぐ系副業塾とかで、騙されてる人とか、
盲信している人を見ると。

大丈夫かな?っておもっちゃう。

そういう人に限って、ボランティアとか丁稚とかでただ働きさせられて、
挙句の果てにその人の紹介で他の塾とかにまで入らさせられたりとか。

どんどん散財させられるっていう。

ウシジマくんの与沢翼編みたいなのを読んでほしい。

いったん目を覚まそうか。

と言いたくなる。


まぁ、収入がちゃんとある人ならいいけど。

私がである人は、そんなに収入に余裕もないのに、高額塾に次々はいったり。
そういう人に限ってボランティアとか、料金を提示されない仕事手伝ったりするんだよなぁ。

見ていて心配になる。

っていうか。。。


ああいう人が彼氏だったり、夫だったりしたら辛い。

posted by デイトレーダー奈美恵 at 11:21 | Comment(2) | はじめまして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮想通貨オワタ〜

仮想通貨オワタ〜

とか言う人が多いですが。

え?今からなんですが?

と言いたい。


いやさ〜。みんな元々仮想通貨がどんな思想で広まったか?
っていうのをよくわかっていないですよね。

お金ってなに?

お金ってどうして必要なの?

いくらあれば足りるの?

っていうところから、
私達がそもそも人間として生きてきた歴史の中で、
紙幣や硬貨が価値あるものとして存在しているのはなんでなの?

という根底のお金の本質がわかっていないと。

日本でのきせいが〜とか。

日本での税金が〜とか。

取引所が新規口座開設やめた〜。とか。

有名なブロガーが仮想通貨おわた〜っていったとか。

インフルエンサーがつぶやかなくなった。

とか。

そういう問題ではないということがわかるはず。


分散型分散型っていうけど、
非中央集権ではなくなるブロックチェーンについて、
本質がわかると、シェアリングエコノミーとかがもっと本格的になるっていうことがわかると思う。

Amazonのベソスが予想する2020年の近い将来。

私達は働き方もかえざるを得ないということがわかります。

銀行も実店舗を減らしていってるし。

ATMももっと必要なくなってきます。

すべてスマホで決済ができるようになるし。

ウーバーイーツみたいにだれでも気軽にスキマ時間で働けるシステムが整い。

アリババみたいに信用がカウントされる様になってくる。

個人情報がより重要になっていって、
その個人情報を個人が売買できるようになる。

グーグルエコーやAmazonのアレクサで買い物もできて、
買い物のために時間を消費しなくなってくる。

実際に、買い物のために出かけない人は増えているし、
ユニクロやファストファッションですら、見に行かずに買うことも増えてきています。

だってヒートテックやブラ付きキャミ買いに行くのに、レジに並ぶ時間がもったいない。

この暑さで外にでるのもだるいから、ウーバーイーツです。

ウーバーイーツ、使ってみるとわかりますが、都内だと、選べるお店も多くて、
出前館とか楽天デリバリーにないようなおしゃれなお店が選べるので、すごくいいんですよね。
選択肢が多いから飽きないし、自転車で運んでいる様子がリアルタイムで確認できるから、
何時につくか?っていうのも確実にわかる。

アメリカでもさんざんウーバーを使ってたけど。
通常そのへんを走っている車がウーバーになったら、
それこそ、ウーバーもいうように、車の数も減るし、
乗る前に到着までの金額が提示されてクレジットカードでアプリ払っていうのもホント安心できる。

ながら仕事ができる時代がもうすでにやってきてる。

それをさらに円滑にするのがブロックチェーン。

ビットコインもそうだけど、実際にすでに使われているサービスが増えてきています。

SteemとかAugerとか、モナコインとかもそうだけど。
実際に仮想通貨を消費したり、受け取ったりはもうしている。

みんなが当たり前にiPhoneを使うようになったのと同じように、
気づいたら、スマホにブロックチェーンの搭載されたアプリが入るようになってきます。

グーグルやアップルが今のソニーみたいになるときも、
フェイスブックが時価総額すごいことになっていても、
今後はブロックチェーンのWEB3.0に置き換わることでしょう。

今年にはもう、ブロックチェーンが搭載されたスマホが販売開始となります。

パソコンもクラウド環境が当たり前となり、
サーバーもどこかの会社に依存するものではなく、
ビットコインのシステムとおなじ非中央集権になっていきます。

それには未だ時間がかかりますが。

企業がウェブサイト、ホームページを持つのが当たり前になるまで何年かかりましたかね?

最初は電話回線、ADSLでホームページを企業が作るのは数百万とか払っていました。
今は数万円もかからず、下手したらテンプレつかって自分で作れます。

インターネットが世界の環境を変え、SNSが情報をオープンにしていって、
情報の隠蔽がしにくくなってきています。

それがさらにブロックチェーン技術によって大きく変わろうとしています。


その背景にあるのがビットコインであり、イーサリアムであり、アルトコインであるわけです。

価格推移だけみて、億り人が〜とかではなく。

長期的な視野と過去の歴史を遡ること。


ビットコインの思想と反映がどんなものか?

人間が地球でなにを価値があるものをして欲していたか?
交換してきたか?を考えないといけないですね。

アヘン戦争のときは、イギリスが中国にアヘンを売って、紅茶を手に入れたように。
石油の採掘権を巡って争いがあるように。

資源を手に入れるための戦争があったり、土地を奪還するための戦争があったり。

なにを求めて戦争に至るか?って価値があるものを奪いたくて戦争していることがほとんど。

それはこれからも変わらないですね。

お金があったらそれをなにに使いたいか?
お金そのものの価値と自分が手に入れたいものについて、
よく考えてみると、仮想通貨の価値と未来も見えてくるのではないかなと思います。


ちなみに、こういった話はいろんな現在のトップを走る起業家がいっていること。
いくつかの本をまとめ読みすると、世界のトップを走る人たちがいっていることは共通しています。

そして、インターネットも検索結果をグーグルに頼る時代は終わりを告げると思います。
グーグルの検索結果に売上を支配される時代は終わりを迎えることでしょう。
posted by デイトレーダー奈美恵 at 12:50 | Comment(2) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホリエモン仮想通貨まつりにいってきました

ホリエモン仮想通貨まつりにいってきました

もう波乗り株トレード関係なくなっちゃってますが。

ホリエモンの仮想通貨まつりというセミナーにいってきました。

ホリエモンとVALUの社長との対談、平野さん、大石さんとの対談を見に行ってきたのですが。

なんと500人も集まっていて、会場、立ち見。

まさかの2時間立ち見。

いやぁ〜、まさか立ち見とは思わず、6000円払っていきましたが。

お家にいればよかった。っていうくらい立ち見はきつかったです。

ホリエモンの仮想通貨の新しい本はすでに読んでいたので、
ホリエモンの発言の方向性というか、考えは本で十分理解できていたから。

なんか改めて面白いっていう内容でもなかったかなぁと。

ホリエモン自体、対談前に、
いや、っていうかみんななにしにきたの?

というひとこと。

私もぶっちゃけなにを期待してきたのだろうと自問自答しました。

というかホリエモンの開催しているセミナーってどんな感じなのかな?という興味本位が大きかったかな。

あとは、どんなスポンサーがどんな話をするのかな?

というのが気になった程度。


でも、イーサリアムのICOから参加している大石さんに、
いくらかったの?と聞いたりしたところや、
来ているみんながイーサリアムのICOに参加している人がいなかったことから。

来ている人をにわかと。

最近仮想通貨始めた人ばかりなんじゃないか?

という会場のお客さんを煽るっていう。


あとはご自身がもってる仮想通貨はほとんどただで手に入れたもので取引所から買っていないこと。
ICOでその時保持していたビットコインすべてで買ったイーサリアムはセルフゴックス状態にあって、取り出せていないこと。

などが語られていました。

YOUTUBE動画でよく見るホリエモンのセミナーの感じを秋葉原まで見に行った感じです。


私が感じたことと言えば。

自分で考えて自分の責任で投資したりしている人が仮想通貨の場合すくないのかなと。

板で買っていないことが信じられないといってたけど。

そうだろうなと。


株式投資もなんでもそうだけど。

やっぱり、勉強がひつようだし。

最終的に自分で考える、判断するわけで。

投資したお金も自分の責任だし。


波乗り株トレードもそうだけど、実際に動かしてみてわかることもあるし。

シュミレーションを何年分かやってみて、
勝てるようになってからじゃないとやってはダメだったなと今になっては思います。


必ず勝ち続ける投資なんてなかなかないもの。


仮想通貨で運良く去年の今頃にはだいぶ買っていたから、
いまだにガチホしていられるけど。

Rippleを12月に400円とかで100万円分買ってた人なんて。
かなしいことになっているわけだから。

やっぱり、参入タイミングは重要だったんだなと思います。

ICOでもなんでもそうだけど。

自分でちゃんと勉強して下調べしないとダメ。


だれだれさんが買いだっていったからという理由で買う人が多すぎる印象です。
メルマガやLINE@で流れる情報を鵜呑みにしていいのか?考えましょう。

自分の頭で考えること、調べることができない人は投資はやってはダメだと思う。

それで失敗しても、なにが失敗の原因だったか?
考えて、次は失敗しないように下調べをするとか、
似たような銘柄と比較するとか。

そういうのが大事です。

株だったら、トヨタとか日産とか同じ産業とか調べたり、決算見たり、時価総額や出来高調べるけど。

仮想通貨の場合それをしないひとが多い印象。

同じような仮想通貨をチェックしたり、すでに同じような内容でICOしたところがどうなってるか調べたりさ。

そういうのが必要だと思います。

失敗してもただで起き上がらない。

ちゃんと自分の頭で想像する、考える、調べることが大事です。

というわけで、ホリエモンの仮想通貨まつりにいってきたけど、コミュ障な私は懇親会も参加しても誰にも話しかけられないタイプなので。
とぼとぼと帰ってきました。




ちなみに仮想通貨のここ数年におきたこととかはホリエモンの本ではわかりやすく伝えられています。

posted by デイトレーダー奈美恵 at 16:22 | Comment(1) | はじめまして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式投資と仮想通貨投資の違い

株式投資と仮想通貨投資の違い

最近めっきり市場が冷え込んでいるように見える仮想通貨市場ですが。

株式投資とのちがいを今日は書こうかなと思います。

株式投資と仮想通貨の大きな違いは、後ろ盾の有無だと私は思ってます。

株式投資の株というのは企業として、上場するにはかなりの審査を受けて、時間もかけて、さらに証券会社の主幹事を決めて、ようやくIPOができます。

株は銀行や証券会社の後ろ盾無くして、上場できないというのが大きな違いです。

仮想通貨は資金調達をするためにICOをしますが、特に銀行の後ろ盾や証券会社の審査もありません。
取引所に上場するのも、お金を払ってしまえばマイナーな取引所の場合簡単に上場できてしまいます。

要は、仮想通貨のICOや上場って大きな後ろ盾がないんですよね。

なので、株式投資をしている人からすれば、何を判断にするんだ?
信用なんてなにもないじゃないか?

という話になるんですよね。

ビットコインをはじめほとんどの仮想通貨が非中央政権ですが。
非中央政権だからこそ、何が価格を決めるのか?
株式投資やFXをやっている人から見れば全く分からないんだと思います。

だから、今の価格でさえも、今後どうなるか?
わからなさすぎて投資の対象とならないという人が、株式投資家に多いのかなと。

株式投資家は、日経平均だったり、決算発表だったり、
配当であったり、売上、純利益、ニュースなどが売買の判断基準だったりします。
また日本株は分離課税であることも株式投資のメリットですね。

その点仮想通貨は雑所得になるは、損益繰り越しできないわ。
というのもあって株式投資家からみたらあまり魅力がないようにみえるんだとおもいます。

それでもやっぱり奈美恵が仮想通貨をするのには理由があってですね。
仮想通貨の価格だけを見ているわけではなくて、これからの将来性が期待できるっていうことなんですよね。

ビットコインは送金手数料、ブロックサイズ問題などもありますが。
いろんな国の人が仮想通貨を使えるようになることによって、
いままで経済圏に入ってこれなかったような人たちにもチャンスが生まれることや。

いろんな意味でブロックチェーンの技術によって便利になっていく将来が期待できるからなんですよね。

ビットコインやその他の仮想通貨のなにが魅力か?というのはブロックチェーンといういままでと違う概念の経済圏というか、技術なんですよね。

テレビやニュースでは、価格だけが取り上げられること、取引所の不祥事が取り上げられることが多いですけど。その背景にあるブロックチェーンについてはなんかよくわからないね?みたいな感じでスルーされている感じがあります。

AIの技術は企業がどんどん取り入れて便利になってきていますよね。
それと同じで、今はブロックチェーンの技術を企業が取り入れて、サービスとして成り立つ時代がもうそこまで来ていると思うんですよ。

それをどう思うか?ってところだとおもうんですよね。

仮想通貨投資は若い人たちが株式投資もやったことがないのに参入して、泣きを見ているイメージを持たれている人も多いですが。

どういう理由で買ったか?ガチホしているか?
その人それぞれだとおもいますけど。

株式投資と違って企業の株価の数年越しのチャートもないし、取引所が何かあると価格は下がるし、なにがあるか株に比べたら全く読めないんですけど。

それでも奈美恵にとっては魅力なんですよね。

株は塩漬け株のみ持ってますが。

今後の発展性、将来性は株よりもずっと期待してしまうんですよね。


posted by デイトレーダー奈美恵 at 22:25 | Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。